webfilter2.png

特長

インターネット上の違法・有害情報から児童・生徒を守る為のサービスを提案

 インターネットの普及により私達の生活がより豊かになる一方で、違法・有害情報に遭遇する機会も増えており、青少年がこうした情報に触れたり、それをきっかけとして犯罪に巻き込まれたりするなどの問題が発生しています。インターネットの利用にはその自由度ゆえのリスクも伴うため、発達途上にある児童・生徒が必要な情報リテラシー(情報活用能力)を身につけながらインターネットを利用できるよう、成長段階に応じた適切な利用環境を与えることが重要です。

 こうした有害サイトへの有効な対応策の一つとして、「フィルタリング」があります。フィルタリングソフトやサービスを利用することで、違法・有害サイトへのアクセスを利用者側で自主的に制限することが可能になります。

概要

webfilter3.png