災害時要援護者地図システム

特長

要介護認定者や高齢の方にとって、災害発生時は誰かの支援が必要不可欠となります。災害時要援護者地図システムは、そんないつ発生するか分からない災害に備え、避難場所のマップ、援護を要する住民のマップなどの作成を支援するシステムです。

検索・閲覧・編集・出力機能

事務処理の速度を上げ、業務の効率化が可能です。

他のデータ追加、他課データとの連携

他部署のデータを利用することができます。

マップの作成

情報を地図で表現することで、共通で理解しやすくなります。

概要

画面レイアウト

gaiyou_youengosha1_2.JPG

マップ

gaiyou_youengosha2_2.JPG