救急相談アプリ

kyukyu_consult_app_01_JPG.jpg

開発の背景

新潟県では、救急電話相談(#7119)や小児救急医療電話相談(#8000)が導入されています。
急な病気やケガによる救急相談の利便性向上や不安解消、適正受診の推進による救急医療機関の負担軽減に向けて、24時間いつでもAI(人工知能)を活用したチャットボット(自動応答ソフトウェア)が救急相談に自動応答する、「救急相談アプリ」を開発致しました。

救急相談アプリとは

救急相談アプリは、急な病気やケガの際に救急車を呼ぶべきかといった判断に対するアドバイスを自動応答サービスで提供します。
より気軽に相談できる環境とするために、LINEの友だち追加を行うことで、24時間いつでもチャット形式の相談が出来ます。


kyukyu_consult_app_02_JPG.jpg

スマートフォンからチャット形式でご自身や家族の症状を選択または入力することで、可能性のある症状を利用者に回答します。

  • 利用者が選択した症状について「今すぐ救急車を呼びましょう」や「早めに(6~8時間を目安に)医療機関を受診しましょう」といった緊急度の判定を行います。
  • 症状によっては、家庭での対処方法について利用者へ助言します。
  • 地域の医療機関を検索することができます。
  • 県内の体や心の様々な電話相談を検索することができます。
kyukyu_consult_app_03_JPG.jpg

今後の予定

住民の不安解消や、医療機関の適正受診、救急医療現場の負担軽減などに資する取り組みを推進していきます。