Medi-Aibis

特長

~生涯カルテを目指して~ トータルヘルスケアサポート

統合型電子カルテシステム : Medi-Aibis ・・・それは医療全般を支援するシステムです。

カルテの電子化により効率的な診療を促し、医療業務の標準化を図りつつ最適な病院運営を可能にします。 さらに医療を受けられるさまざまな患者さまに対して、インフォームドコンセントなどの視覚的なサービスを提供することで双方のコミュニケーション向上に役立ちます。
また、今後は診療情報の共有化をベースに病病・病診・介護施設などが連携されることにより、チーム医療、地域包括医療が可能になります。

Medi-Aibisは、単独導入はもとより他医療機関との連携、ネットワーク化に対応可能なシステムです。

標準化への対応

医療情報システムにおける標準化への取組みを重要と考え、Medi-Aibisは率先してソリューションの標準化を進めています。

EHR(Electronic Health Record)は、院内だけでなく地域を含め診療情報を電子化・共有し、生涯健康情報管理などを実現するものとして期待されています。
Medi-Aibisは、病病・病診連携にて情報を共有するネットワークをサポートします。

tokutyou_medi-aibis_1.png

レスポンス性に優れたパッケージ

データ構造、読込/書込方法を独自に設計し分散処理を行う手法にてコンピュータの性能を最大限に引き出し、処理速度の高速化を実現したパッケージです。

使いやすいユーザーインタフェース

専門のデザイナによるユーザーインタフェースの検討を行い、統一感のある画面構成、操作性とすることで、「使いやすく」「覚えやすい」システムです。
また、検査結果や過去に記載された全科のカルテを参照しながら、カルテの記載、オーダの入力を行うことが可能です。
入力を途中で保留にして他の作業に切り替えることができるため、患者様の状態・経過をリアルタイムで確認しながら、 カルテの記載やオーダの入力をスムースに行うことが可能です。

MainForm1_Medi-Aibis.png

機能の追加と拡張性

ご要望に合わせたカスタマイズの実施や、特定の病院様向けに個別モジュールの適用を行う事も可能です。
これにより陳腐化しない電子カルテシステムを継続的に利用することが可能です。

SystemUpdate_Medi-Aibis.png

豊富な部門ライブラリ

各部門の業務を支援するために、電子カルテシステム付属の各部門システム機能ライブラリを準備しています。
専用の部門システムを導入せずとも、電子カルテシステムのオプションとして利用することが可能です。

概要

機能一覧

SystemuMenu_Medi-Aibis.png

gaiyou_medi-aibis_2.png

-->