自治体向けクラウドサービス基盤の構築に Nutanix Enterprise Cloud OSソフトウェアを採用しました

2018年06月27日

当社では自治体様向けクラウドサービスの基盤の一部老朽化に伴い、Nutanix Enterprise Cloud OS ソフトウェアを利用しリプレースを行いました。

本事例が以下のNutanix社様Webページにて紹介されておりますのでぜひご覧ください。


プレスリリース:BSNアイネット、自治体向けクラウドサービス基盤の構築に Nutanix Enterprise Cloud OSソフトウェアを採用



当基盤で利用しているハイパーバイザはNutanix社独自のハイパーバイザーAHVを採用いたしました。既存環境とは異なるハイパーバイザとなります。

Nutanix社が提供する移行ツールを利用したことで、非常に短い期間で環境の移行とサービス提供を行うことができました。

選定の理由として、BCPに基づいた災害対策を実施できるように北海道・新潟データセンター間でのレプリケーションが実現できることが挙げられます。


今後も更なる付加価値をお客様へと提供できるよう、新しい技術にも積極的に取り組んでまいります。


株式会社BSNアイネット