お知らせ

FCA 災害時相互応援協力訓練を実施

2015年08月27日

ニュースリリース

各位

全国38社と災害相互支援訓練を実施

平成27年8月27日

株式会社BSNアイネット

全国のデータセンター事業者38社と締結している『災害時におけるデータセンタービジネスの相互応援協定』に基づき、9月1日の防災の日をはさんで数日 間に渡り、災害相互支援訓練を実施いたします。県外にて震度6強の地震が発生した想定で、想定被災センターへの支援訓練をFCA(富士通系情報処理サービ ス業グループ、会長:五十嵐隆 富士通エフ・アイ・ピー(株)相談役)、ならびに協定締結事業者38社と連携して行います。実施期間は8月27日~9月3 日の8日間で、被害状況や支援要請の情報共有、さらには各社からの支援情報を取りまとめて、実際の災害発生から情報共有、支援の過程にあわせた数日間の流 れを確認します。

全国一斉での合同訓練はこれまでも定期的に実施していますが、実際のタイムチャートにあわせた数日間に渡る訓練は今回が初となります。日々の訓練を重ね、「安心・安全なデータセンターサービス」をこれからも提供し続けます。

FCAについて

FCA(富士通系情報処理サービス業グループ)は、富士通製コンピュータを利用する計算センターによって1966年に設立された全国協業組織です。会員 企業の発展のため、時代に即したテーマをいち早く取り上げ、経営・技術・ビジネス・教育における各種研究活動などの組織的な共同事業を推進しています。

設立 1966年5月13日
会長 五十嵐 隆(富士通エフ・アイ・ピー(株) 相談役)
会員企業数 113会員 〔正会員 91, 準会員 19, 特別会員 2, 賛助会員 1〕 (2015年5月現在)

協定締結に合意した38社 全国52ヵ所のデータセンター