遠隔医療4.png

スマート・ホーム・メディカルサービス

・病床数減少の解消

・病室同様の安心感

・訪問診療の質の向上

特長

住み慣れた自宅で、自分らしい生活を

日本の国民医療費は2012年の40兆円に対し、2030年には60兆円以上と試算されています。その背景には「高齢者の増加」「専門医の人手不足」「医師の高齢化」また「地域による医師の偏在化」「科学技術の進歩による高額医療機器の導入」など、現在、医療は様々な課題を抱えています。

Smart Home Medical Careは、オプティムのAI・IoT技術を用いて在宅医療を支援するサービスです。病院と同じような見回り・診療・お声がけを実現し、さらに緊急事態を検知できるような環境を提供します。

遠隔医療2.png

概要

遠隔医療3.png