新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワーク導入支援

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、テレワークを推進して拡大防止を図る企業様が増加しております。しかし、セキュアなテレワーク環境の構築など、その導入方法に悩まれている方も多いと感じています。BSNアイネットでは、お客様がセキュアに安心したテレワーク環境を構築するための支援を行っています。

テレワークとは

 ICT(情報通信技術)を活用し、時間・場所にとらわれない働き方を実施するものです。
その形態は様々あります。

①在宅勤務

オフィスに出勤せずに、就業場所を自宅とする形態。

②モバイルワーク

顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。

③サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。

テレワークに必要なICT環境は

①セキュリティ面

・利用するデバイス、アクセス方式など、ICTの環境におけるセキュリティの確保
・外部への情報漏洩せずに業務を遂行できる環境構築

②コミュニケーション面

・人と人とのコミュニケーション方法(文字や音声、映像)
・情報を共有するためのコミュニケーション基盤の構築

システム方式とセキュリティについて

①リモートデスクトップ方式

オフィスに設置されたPC端末を、テレワーク端末から遠隔で閲覧・操作する方法です。
オフィスで行っていた業務をそのままテレワーク環境で継続して実施でき、データはオフィス側端末に保存されるので情報漏洩が起きにくい点がメリットです。

②仮想デスクトップ方式

オフィスに設置されているサーバ上から提供される仮想デスクトップに、遠隔でログインして利用するシステムです。
リモートディスクトップ方式と同様に、テレワーク端末には作業した内容は保存されません。

③クラウド方式

インターネットからクラウドサーバ上にあるアプリケーションにアクセスして、作業を行うシステムです。
どこからでもどんな端末でも同じ環境で作業ができます。
一方、クラウド上で作成したデータはクラウド上にも端末にも保存先を設定できるため徹底した情報管理が必要になります。

④VPN接続方式

会社で使用しているPCを社外に持ち出し、VPNを通じて社内ネットワークにアクセスして業務を行う方式です。
PCに業務データの多くが格納された状態で社外へ持ち運びすることになるため、盗難や紛失、情報漏洩などのリスクも高く、並行して別のセキュリティ対策が望まれます。

コミュニケーション面について

互いに離れた場所で働くテレワークでは、コミュニケーションを円滑に行うためのツールが有効的であり、目的によって使用するツールも異なってきます。
そのため、お客様の課題に適したツールを選定し、組み合わせることで、テレワークを円滑に進めて行くことが可能です。