MULT-i(マルチアイ)新プラットフォームサービス

 5G通信網、4G通信網、固定回線など様々な通信環境で、同時に4つ以上の高画質映像を同時に送ることが可能なシステムとなります。
 ブラウザー間のP2P通信を使ってストリーミングデータの送受信を実現する為のクラウドサービスを提供いたします。
(利用者接続ポータル、P2P接続、管理機能を有します)



 当プラットホームは、新潟県様の5G活用ビジネス創出事業が元となり少子高齢化、地域格差をオンラインで解消するために生まれました。
 但し、5Gエリア展開との連動性と未整備エリアでの展開を考慮して全ての通信網を網羅しています。
 当プラットホームを使う事で、単一カメラでは表現できない、様々な角度からの情報を連携することが可能となります。
 また、Webブラウザーを使っているためPC、スマホなど通信媒体の制約もありません。
 MULT-iは、様々なシーンにおいて目になってくれるツールです。

MULT-iプラットフォーム活用案

アイディア次第で使い方は無限大!!

習字

複数の視点から同時に見ることで
3次元的に動作を把握できる

うま跳びの失敗

多角的に見ることで
原因が一目瞭然

ダーツ大会

プレイヤーと的(始点と終点)を同時に映し出すことが可能
画面分割切替えもボタンひとつ

他システムとの組み合わせ案

技術継承

視線検知カメラと組合わせることで、手の動きと同時にどこを見ているかを記録できる

工業用ロボット

マルチカメラによる広域や多角面からの映像により、臨場感ある映像で精密なロボット操作が可能

他技術との組み合わせ案

MULT-iプラットフォーム活用例

遠隔教育システム

■特徴

従来のWeb会議システムで遠隔教育を行う場合、生徒の手元や表情といった情報を片方しか確認することができませんでした。
MULT-iプラットホームを用いることで、顔と手元の両方といったより多くの情報を共有しながら授業を行うことが可能です。

こんなことも
いままでのWeb会議では資料か顔のどちらか一方しか見えない
MULT-iプラットホームは複数カメラが使えるので、常に顔と資料の両方を確認することが可能です。
相手の顔と手元を並べて見たい
ボタンひとつで相手の映像を
縦または横に並べて表示することが
可能です。
相手の顔を大きく見たい
メインの大きな映像は切り替え可能。相手の画像だけでなく、自分の画像を大きく表示して確認することも可能です。

遠隔教育システム システム概要

遠隔教育システム 利用イメージ

講師側

生徒側

遠隔教育システム 機能説明

ログイン

カメラ・マイク確認

・カメラやマイクの選択状態を確認/変更できます

授業一覧

・予定されている授業の一覧が表示されます

授業画面

・相手の表情と手元を同時に確認しながら授業を行えます
・メイン映像は様々な切り替えが可能です
 ①相手映像の上下分割表示
 ②相手映像の左右分割表示
 ③相手表情カメラの拡大表示
 ④自分の表情カメラまたは手元カメラの表示   etc.
・手元の画像を鮮明にするために、WEBカメラ設定用アプリを提供

運用時のお問合せ

操作方法、各種お問い合わせは
お電話でのお問い合わせ
 平日 8:30から17:30
メールでのお問い合わせ
 24時間受付、弊社からの返信は営業時間内となります

利用料金

料金については、弊社営業までお問い合わせください