空き家管理システム

特長

空き家対策特別措置法の施行

自治体には、以下の施策が求められています。

  • 市町村による空き家等対策計画の策定
  • 空き家等の所在や所有者の調査
  • 固定資産税情報の内部利用等
  • データベースの設備等
  • 適切な管理の促進、有効活用

導入の効果

国の政策に基づいた対応が図れます。

  • 空き家の情報をデータベース化することで、再利用可能なものと危険なものを同時に管理できます。
  • 情報を複数課で共有することで適切な管理と情報提供が可能です。
  • 市民からの苦情や職員様の情報・現場の写真等を管理、更新することで、状況把握が可能です。

空き家管理システムに関する詳しい内容については、お問合わせフォームよりお願い致します。

システムの特徴

  • 自治体が行う空き家対策に関して、空き家等に関するデータベースの整備と情報提供を行い、防災・防犯、空き家の利活用、維持促進等を適正に管理するためのシステムです。
  • 空き家をキーに所有者情報や地図、問い合わせ状況などを一元管理できます。
  • モバイル対応により、現地調査時に直接情報の参照や登録が可能です。
  • 既設GISシステムへのデータ提供(オプション)、空き家バンク機能などにより、効果的な空き家管理台帳の構築を支援します。

概要

システムイメージ

gaiyou_akiya-img.png