yubinaviplus3.png

特長

アジャイルな窓口改革ソリューション

窓口改革をご検討中に市町村のみなさまへ。こんな課題を抱えていませんか?

  • 自治体ごとに窓口対応方法が異なる為 パッケージをそのまま使えない
  • 総合窓口は庁内調整が大変、実際に運用初めてみないと課題が見つからない
  • 既存システムとの連携はコストが高い。窓口申請受付業務だけをシステム化したい
  • いずれは窓口業務を外部委託したいが、専門性が高すぎる

「ゆびナビぷらす」は窓口申請受付に特化し、自治体運用に柔軟に対応できます

  • 業務フローを可視化することで属人化は排除。全ての職員様が窓口業務を担当することが可能。
  • 優れた開発キットにより、職員様主体で運用フローや出力帳票のレイアウト作成が可能。
  • 運転免許の住所・氏名などをOCRで取り込み可能。
  • タブレットでの運用が可能
  • LGWAN-ASPサービスとしてクラウドでご提供

システムの特徴

ゆびナビぷらすの利用の流れ

①タブレットを利用して職員様がヒアリング         ↓

②設問に回答することで必要な申請を抽出          ↓

③必要な申請書及び受付窓口の場所情報等を表示       ↓

④ヒアリング内容から申請に必要な必須項目を選定      ↓

⑤内臓カメラ等の機能で身分証明証から住所氏名の自動転記  ↓

⑥申請署名はタブレットに直接入力する1回のみ       ↓

⑦申請書完成PDF形式で出力、印刷して市民に渡す      ↓

⑧市民はその申請を持って各窓口へ             ↓

概要

システムイメージ

yubinaviplus4.pngyubinaviplus5.png