hatarakikata2.png

特長

今の仕事の仕方を根本的に見直す「スマート自治体」づくりを実現

背 景<Back Ground>

生産年齢人口()減少による労働力の供給制約

 8,726万人(1995)→ 6,000万人未満(2040)

<参考>商用利用開始から世帯普及率 10% 達成まで、電話76年、ポケベル24年、ファクシミリ19年、携帯電話15年、パソコン13年、インターネット5年、スマートフォン3年

Society5.0(超スマート社会)における技術発展の加速

目指すべき姿<Ideal Image>

「スマート自治体」の実現

  • 人口減少が深刻化しても、自治体が継続可能な形で行政サービスを提供し続け、住民福祉の水準を維持しなければならない
  • 職員を事務作業から解放→職員は、職員でなければできないより価値のある業務に注力する
  • ベテラン職員の経験をAI等に蓄積・代替→団体の規模・能力や職員の経験年数に関わらず、ミスなく事務処理を行なう
  • 「働き方改革」の推進→ワーク・ライフ・バランスの実現

方  <Method>

今のシステムや業務プロセスを前提にした「改善方式」ではなく、今の仕事の仕方を根本的に見直す「引っ越し方式」が必要


概要

想定される課題と方策

hatarakikata3.png

hatarakikata4.png