Deep Discovery Email Inspector による標的型メールの対策強化

概要

サイバーセキュリティリスクが増大する中、当社では標的型メール対策を強化するため、新潟データセンターにトレンドマイクロ社の Deep Discovery Email Inspector を導入し、自社の入口対策を強化するとともに、実績のあるサイバーセキュリティ対策ソリューションの一つとしてお客様へのソリューション展開を進めております。

導入の背景

受信メールに対するウィルススキャンやスパムフィルターを導入していましたが、 近年のサイバー攻撃の高度化によりそれらの対策だけでは不十分であり、さらなる入り口対策が必要であるという認識が強まっていました。

また、お客様からも標的型メール対策についてのご相談を多くいただいており、 信頼性のある標的型メール対策ソリューションを検討しておりました。

導入の効果

Deep Discovery Email Inspector ではサンドボックスと呼ばれるネットワークとは切り離された環境で実際にマルウェアを動作させて通信内容などを解析することで、従来のパターンマッチングによる検索では検知できなかった脅威を防ぐことができます。

また、カスタムサンドボックス機能により、組織内で使われている OS 環境に合わせてサンドボックスをカスタマイズできることも特徴の一つです。

Deep Discovery Email Inspector の導入により入り口対策ができ、標的型メール攻撃による情報漏洩などのリスクを低減することができたと考えております。 システム導入と同時に社員のセキュリティに対する意識が高く保つことができるよう、セキュリティ教育も継続して実施してまいります。

事例詳細

DDEI

本事例が以下のトレンドマイクロ社様 Web ページにて紹介されておりますのでぜひご覧ください。


導入事例: 標的型メールの対策強化で増大するサイバーリスクから自社と顧客を守る